「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Atelier Zum Tal

atzumtal.exblog.jp

カテゴリ:日々のこと( 136 )

お花のワークショップ

もう先週のことですが、
先週土曜日、
笠間市回廊ギャラリー門で
フラワースタイリスト、平井かずみさんのワークショップに参加してきました。
このワークショップは、
桑原典子さんのうつわ展でのイベントでした。
典子さんの個展は二週間でしたが、
前半の一週間は、うつわだけの静かな展示、
後半の一週間は、平井さんのスタイリングしたお花がいけられての展示となってました。

典子さんの器と平井さんの花のしつらい。
どちらも、しなやかなのに凛としていました。

ワークショップでは、
典子さんの一輪ざしをひとつ選んで、
最初は一輪、そして三輪活け、そのポイントを教えてもらいました。

c0213785_1123117.jpg



そして、みんなでひとつの器日常の草花を一本ずつ活けていきました。
私もトライ。
真剣です。(写真は典子さんが撮ってくれたものです)
c0213785_1123723.jpg



出来上がったみんなの合作。
c0213785_112385.jpg

花を無理やり活けるのではなくて、
花に委ねて、一番いい顔を見せてくれる場所にそっと一輪差して行くだけでいいんだと感じました。

昨年の益子での企画展『想いのカタチ展』では、平井さんがそれぞれの作家の器にお花をいけてくださりました。
それ以来だったので、
まさに一年ぶりの再会でした。

平井かずみさんと再会できたのも、
桑原典子さんのお陰です。
ご縁に感謝。

桑原典子さんのうつわ展は、
19日の金曜日に終了してますが、
器は、回廊ギャラリー門に
常設されています。
c0213785_1123886.jpg

写真では伝えられない質感を
是非手に取って体験して欲しいです。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-10-20 17:05 | 日々のこと

鎌倉

月曜日に、
日帰りで鎌倉へ行ってきました。
大学時代の友人2人と鎌倉散策。
平日に休める人は、
私ぐらいだから誘ってくれたみたい。

この日は、台風一過で、いい天気。
むしろ暑いくらい。

まずは、鎌倉駅から、八幡宮まで。
c0213785_2310187.jpg



街をぶらぶらしつつ、
行きたかった
コケシとマトリヨーシカのお店、
コケーシカに!

コケシ、圧倒されます。
c0213785_23101869.jpg


マトリヨーシカとコケシがこんなに!
c0213785_23101973.jpg


鎌倉に住む友人が
ナビしてくれたお陰で
私は後をついて行くだけでした。


鎌倉に来たんだから、
大仏も見ないとね。
と思っていたら、
そっち方面に歩いて来てくれてたみたい。
c0213785_23102163.jpg

やっぱり大きい。

帰りは江ノ電にも乗ってきました。

古いモノを大事にしている
鎌倉の街って、とてもいいな。

電車で片道2時間半かかりましたが、
思っていたより、
近く感じた鎌倉でした。

また行こう。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-10-06 07:39 | 日々のこと

ピクニックバザール@ガラジ

日曜日には
ガラジ、ピクニックバザールに行って来ました。
こちらのイベントは、
今年で7回目だそうです。

もとは、豚舎だったものをリフォームして、
年に一度、作家さんの展示販売のイベント会場になります。
音楽、お菓子やカフェ…
まるでピクニックにやってきたような雰囲気です。
c0213785_9125079.jpg


笠間のウクレレの会
カサマハロもこの日
演奏したんです。
今回は練習不足にて
参加するつもりはなかったのに、
結局、演奏に加わってしまいました。

私は下手だけど、
カサマハロのみんなと演奏すると、
いつも楽しい。
今回は、ジャンベも入った
いつもと違うカサマハロでした。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-09-25 08:56 | 日々のこと

先週末

先週末は、笠間各地で
いろんなイベントがありました。

年に一度の
作家さんの工房を一般公開してるイベントも、手越地区、南吉原地区でありました。

私も、22日に何件か回りました。

そのなかでも、特に印象的だったのは、
鉄の作家さん新田麻紀さんの工房見学。

なんと、鍛冶体験をさせてもらえたのです。
麻紀ちゃんは、コークスではなく石炭を燃料としています。

c0213785_856555.jpg

この中に鉄を入れ熱します。



c0213785_85669.jpg

教えてもらいながら、鉄を叩きました。
熱に強い革のエプロンを身につけてます。これも手作りだそうです。



c0213785_856695.jpg

出来上がったS字フック。
満足です。


鉄の仕事は、時間との勝負で、
陶芸の素材である土と向き合うのと
また違っていて、この緊張感がとても新鮮でした。
またやりたいな。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-09-25 08:37 | 日々のこと

ちどり

先週、
ひたちなか市にある
「ちどり」というカフェに行ってきました。
たまたま、ひたちなかに用事があったので、
これは!と思いランチに立ち寄ってみました。

ここでは、
豆腐、おから、豆乳などを使った体にやさしいメニューを出しています。

見えるかな?カフェの外壁に書かれた文字
c0213785_9153080.jpg

ちどりプレートは、2種類あって、それぞれ一日限定20食のようです。
c0213785_9155850.jpg

このおからベーグルが、もちもちしていて
本当に美味しい。

カフェの中には、
竹かごや、陶器、食材などが売られているコーナーがあって、
笠間の作家さんの作品も置いてありました。



季節でメニューも変わるみたいなので、
また行きたいなと思います。

ちどりのHPはこちら。
http://chidori-z.com/
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-08-21 09:25 | 日々のこと

常陸太田市

ずっと行きたかった場所に行ってきました。

それは、Sunny Sunday という常陸太田市にある
雑貨屋さん。
店長の小泉さんとの出会いは、
さかのぼること一年前になります。
水戸での「いばらきクリエーターズまちのみ」
というイベントに参加した時に、(そのときのブログはこちら⇒
名刺交換させていただいたのが始まりです。
その後、Facebookで繋がり交流を重ね、
共通の知人もいたりと、
この日、ようやくお店に伺うことができました。

Sunny Sundayさんの
ショップの外観を撮るのを忘れてしまいました・・・(ごめんなさい)
c0213785_10212197.jpg

看板を手掛けたのはは、彫金作家の友常みゆきさん。
この日、案内してくれたのもみゆきさんです。

店内は、こんな感じです。
c0213785_10313664.jpg

天井が高くて、開放感があります。
店内の品物は、一度見ただけでは
見落としてしまうくらいの品ぞろえで、
何回も何回も店内をぐるぐるすると
あ、これはまだ見ていなかったという新たな発見をしてしまいます。
で、なかなか抜け出せない!

紙モノ、カゴ、服、
そして、マスキングテープの充実さといったらすごいです。

ちょうど行った日が、
チャルカさんの展示がスタートした初日だったので、
東欧のモノも色々入荷してました。
c0213785_10223213.jpg



そして、お店Sunny Sundayさんに隣接して建っているのは
茨城でも珍しい3階建の倉です。
このレンガがすっごくかっこいいのです。
c0213785_10225383.jpg

c0213785_10232280.jpg

1階、2階のスペースは、展示や、
イベント、ワークショップなどに利用できるそうです。
こちら1階スペース。
c0213785_10325172.jpg


Sunny Sundayさんがある常陸太田市の商店街は、
昔ながらの街並みでゆっくり散策したくなる場所でした。
商店街は、
「鯨ヶ丘商店街」と言う名前なんだそうです。
鯛焼きならぬ鯨焼きをお土産に持ち帰りました。
c0213785_10323597.jpg

この日、一緒に行動をともにしてくれ、
ナビをしてくれた、友常みゆきさん、
素敵な一日をありがとうございました!
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-07-21 10:41 | 日々のこと

最近のこと

あっという間に、5月も後半。

ひまつりが終わって、
次の展示の準備をしたり、
私用で忙しかったり、
ブログ更新がまたしても遅くなってしまっていました。
Facebookの方は、ほんの少しの画像と文章の投稿なので
ちょこちょこ更新できるのですが、
ブログになると、書き始めるのに
時間がかかってしまいます。

特に、ここ最近は、
いろんなことが交錯して
頭がいっぱいでした。
たくさん反省することがありました。
自分を責めてしまったりすることもありました。

時間がかかるかもしれないけど、
ひとつずつ整理して行きたいです。

何の事だかわからない内容ですね。
ごめんなさい。

とにかく、いろんな考えがぐるりと一周して、
結果、今、自分の出来ることをしようと思い、
気持ちも落ち着いたので
こうしてブログに向き合いました。

今後、仕事の量をちょっと減らすかもしれません。
もちろん、今受けているお仕事については
責任もってやらせていただきます。
これから受ける分は、納期が遅れると思います。
ご迷惑おかけしますが、
ご了承のほどよろしくお願いします。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-05-24 23:35 | 日々のこと

益子の陶器市

今日は、自分のブースの片づけ(器だけ)をした後、
ちょっと益子に足をのばしました。
益子の方は、4/28から5/6まで陶器市が行われていました。
(笠間より2日多い)

お昼ごろ、益子に到着したら
なんだか雲行きが怪しい。
すると、突然の豪雨、雷、竜巻。
目の前で、テントが飛ばされたり、
棚や品物が倒れたり。

一時的避難をしようと、雨宿りしていたら
そこで偶然、窯業指導所で同期だったMさんにばったり遭遇しました。
今は福島県のご実家で作陶されていて
今回初めて益子の陶器市に出店することになっていたのでのすが、
出店場所がわからず、
この悪天候の中では、
おそらく見つけられないだろうと諦めていました。

そうしたら、雨宿りした目と鼻の先で出店されていました。
まさか、偶然会えるとは!
なんという不幸中の幸い。

Mさんの作品は、志野や織部、黄瀬戸など。
昔から、好きなモノが変わってなくて
全くぶれてない姿勢がすごい。
紅志野のぐいのみをひとついただきました。

雨があがり、他のブースにも立ち寄ってみたのですが
ほとんど店じまいしてました。
あの悪天候なら仕方がないですね・・・

そして、また強い雨が降り出し、
前に出店していた路地裏テントの
「ビストロ・プランデプラ」で
しばし雨宿りしながら遅ればせながらのお昼を頂きました。
すると今度は停電・・・。

その後、結局ずっと帰宅するまで雨はやみませんでした。

家についてから、
益子の被害の大きさを知りました。
そして、つくばの竜巻の被害をニュースで知りました。

土砂降りの雨で、自分が大変な目にあったと思っていたけど、
自分はむしろ運がよかったのではないかと思えてきました。


被害にあわれた方を思うと、胸が痛いです。
心よりお見舞い申し上げます。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-05-06 22:56 | 日々のこと

小出先生の講演

2/5(日)、小美玉市で
京都大学原子炉実験所助教である
小出裕章先生の講演会を拝聴してきました。

「今、私たちが知っておかなければならない~核・原子炉の真実~」と題して
放射線の怖さ、原発の危険性などを
解説してくださいました。

小出先生は、
原子力の危険性を長く訴えてこられた方です。
今だから、多くの人が関心を持つようになったけど、
今まで耳をかさなかった人々にどれだけあって、
つらい経験をされたことだろうと想像して話を聞いてました。


先生のお言葉の一つ一つに重みを感じました。


以下、小出先生のお言葉です。

****************************
残念ながら福島第一原子力発電所の事故は起きてしまいました。

すでに広島原爆がまき散らした放射性物質の数百初分の
放射線物質が大気中や海に撒き散らされ、東日本だけではなく、
世界中に汚染を広げています。

私たちは、放射能で汚れた世界で生きるしかありません。

こんな途方もない世界にしてしまったことに責任がある大人として、
私たちは今後の世界をどのように生きて行けばいいのでしょうか?

私の願いは2つです。

1つは原子力を選択したことに責任のない子供たちを被ばくから守ること、

そして、農業、酪農業、漁業など1次産業を崩壊から守ることです。

*****************************


自分も、今までどこか目をそむけていた部分があるかもしれない・・・。
東海臨界事故のときにも怖さを感じたのに、
時とともに忘れてしまっていた自分にも責任を感じてしまう。

今現在、この茨城県も土壌が汚れてしまっているけど、
住民は何をどうしたら良いのか分からない方がほとんどです。
行政も放射線量の検査はしているものの
線量が高いところに対しての処置はなされてない。


でも、途方に暮れている場合じゃないのも事実で、
とにかく子供の被ばくは、
防がないといけないと強く思ったのです。


この講演を聴いた記念に、
先生の著書にサインを頂きました。
c0213785_9454844.jpg


この日のお話し、絶対忘れません。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-02-07 10:03 | 日々のこと

母校

昨日は、母校の麗澤大学を訪れました。
c0213785_16342577.jpg

お世話になったドイツ語学科の先生(お二方)が
今年の3月で定年退職されるということで、
昨日1/21(土)に、ドイツ語学科の在学生・卒業生を対象とした
最終講義(お話し会)と送別会が取り行われました。

私は、残念ながら
どちらにも参加できなかったのですが、
お世話になった先生方にお会いし、ご挨拶出来、
また同級生にも再会できて、来てよかったと感じました。

自分が今陶芸家になったことは、
先生方に既に報告はしていたのですが、
作品はまだ見せたことがなかったので、
自分の作った器を持って行きました。
使っていただけるといいなあ。


南柏の駅も、大学のキャンパス内も
古い建物が壊され、新しい建物が建ち、
前とは変わってしまったけど、
戻るとやっぱり懐かしい場所だなと思ったのです。

そうやって懐かしと思える場所は
これからどんどん増えていくんだろうな。
それも悪くないなと思うのです。
Das ist aber nicht schlecht.
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-01-22 14:46 | 日々のこと