ブログトップ

Atelier Zum Tal

atzumtal.exblog.jp

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

納品

先日窯たきをしました。

昨日は窯出しをし、ご注文分の納品を無事終えました。

昨年末にご注文を頂いていたのに、
展示向けの作品作りに従事していて、
こちらのご注文分をお待たせしてもらっていました・・・

c0213785_1423331.jpg


caramel(カラメル)のマグカップとボウルです。

笠間のきらら館にてお求めいただけます。

よろしくお願いいたします。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-02-18 14:06 | 作品

木の杓子

少しずつ買いそろえている
木の杓子、
宮島工芸製作所の杓子。
今のところ、この5種類。
c0213785_22375382.jpg

最近手に入れたのは、
フライ返しと、穴あきタイプの木べら。

全て使いやすいのですが、
その中でも、このフライ返しが、
とっても使いやすくて
感動してしまいました。
木だから、フライパンを傷つけることもないし、
カーブがいいのか、薄さがいいのか、
すっと入ってひっくり返すことができます。
ハンバーグだって、目玉焼きだって
餃子だってお手のもの。

この道具は、今一番のお気に入りかも。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-02-12 22:47 | 好きなもの

小出先生の講演

2/5(日)、小美玉市で
京都大学原子炉実験所助教である
小出裕章先生の講演会を拝聴してきました。

「今、私たちが知っておかなければならない~核・原子炉の真実~」と題して
放射線の怖さ、原発の危険性などを
解説してくださいました。

小出先生は、
原子力の危険性を長く訴えてこられた方です。
今だから、多くの人が関心を持つようになったけど、
今まで耳をかさなかった人々にどれだけあって、
つらい経験をされたことだろうと想像して話を聞いてました。


先生のお言葉の一つ一つに重みを感じました。


以下、小出先生のお言葉です。

****************************
残念ながら福島第一原子力発電所の事故は起きてしまいました。

すでに広島原爆がまき散らした放射性物質の数百初分の
放射線物質が大気中や海に撒き散らされ、東日本だけではなく、
世界中に汚染を広げています。

私たちは、放射能で汚れた世界で生きるしかありません。

こんな途方もない世界にしてしまったことに責任がある大人として、
私たちは今後の世界をどのように生きて行けばいいのでしょうか?

私の願いは2つです。

1つは原子力を選択したことに責任のない子供たちを被ばくから守ること、

そして、農業、酪農業、漁業など1次産業を崩壊から守ることです。

*****************************


自分も、今までどこか目をそむけていた部分があるかもしれない・・・。
東海臨界事故のときにも怖さを感じたのに、
時とともに忘れてしまっていた自分にも責任を感じてしまう。

今現在、この茨城県も土壌が汚れてしまっているけど、
住民は何をどうしたら良いのか分からない方がほとんどです。
行政も放射線量の検査はしているものの
線量が高いところに対しての処置はなされてない。


でも、途方に暮れている場合じゃないのも事実で、
とにかく子供の被ばくは、
防がないといけないと強く思ったのです。


この講演を聴いた記念に、
先生の著書にサインを頂きました。
c0213785_9454844.jpg


この日のお話し、絶対忘れません。
[PR]
by atelier_zumtal | 2012-02-07 10:03 | 日々のこと